当院について・アクセスマップ
ドクターからの一言
予防治療(むし歯・歯周病)
その他お困りの方へ
スタッフ募集
TOP > 効果的な歯のメンテナンス法

効果的な歯のメンテナンス法

メンテナンスとは、歯科医院で定期的にお口のケアをすることです!
虫歯や歯周病を予防するためには毎日の歯磨きが最も重要なのですが、それだけでは十分ではないこともあります。
例えば、歯石はいくら頑張って歯磨きをしても自分で取る事は出来ませんし、部分的に歯磨きが上手に出来ていなかったりすることで、自分では見つけられない場所に虫歯が出来てしまうこともあります。
このように自分では限界があることに対しては専門的なケアが必要となり、それを行うのが歯科医院でのメインテナンスです。
特に歯周病を予防するためには、歯科医院でのメンテナンスが必要不可欠です。

メンテナンス内容

お口の中の検査
新しい虫歯や歯周病がないか?きちんとプラークコントロールが出来ているかどうかなどを調べます。
歯のクリーニング
薬剤を使って、歯の表面の汚れを除去し、自分では落とせないガンコな汚れを落とし、ツルピカの歯になれます。
スケーリング(歯石とり)
専用の器具を使って、普段のブラッシングでは取ることの出来ない歯石を除去します。
口腔衛生指導
お口の中のプラーク(歯垢)の付着状況を検査し、1人1人に合ったプラークコントロールの方法を指導します。
フッ素塗布
虫歯になりやすいと判断された人の場合には、フッ素を塗布して虫歯の予防を強化することもあります。

メンテナンスの期間について・・・

メインテナンスの間隔は、通常は3ヶ月に1回です。
ただし、お口の中の状態が良ければ6ヶ月に1回程度で良い場合もありますし、状態が良くなかったり歯周病の治療中の場合には1週間に1回程度必要な場合もあります。
基本的にはお口の中が健康な人ほど間隔が長く、悪くなる可能性が高いと思われる人ほど間隔が短くなります。
ですから、歯科治療をした直後は1週間おきのメインテナンスが必要で、治療が進んでお口の中が健康になってきたら1ヶ月おき、3カ月おき、6カ月おきとだんだんメンテナンスの間隔が長くなっていくといった感じになります。
当院の予防に対する考え方効果的な歯のメンテナンス法予防歯科に関するQ&A
このページのトップへ
     
サイトマップ セキュリティーポリシー
Copyright,Barden Dental Office.All rights reserved.